人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

JKビッチ学園祭裏メニューのあらすじ|3人のヤリマン相手に生ハメできる女子校

JKビッチ学園祭裏メニューのストーリーあらすじ。

ネットで密かな噂があった。

都内の有名女学園の文化祭で、現役JKに中出し本番プレイが出来る店があるというのだ。

最初は小遣い稼ぎに始めた学生の遊びから始まったらしいが、今では年々続いているという。

噂は広まり、今やその文化祭の整理券はプレミアが付き、入手困難。絶望的な状況だ。

だが俺は数倍の値段を出してでも落札し、その文化祭に乗り込む事にした。

当日、俺は文化祭の中を一通り歩いて回るが、それらしき店はなかなか見当たらない。

何せ表向きは普通の店で、カムフラージュしているらしいから、探しにくいのも無理はない。

しかしそんな困惑する俺に1人の生徒が声をかけてきた。

彼女は俺がネットでチケを落札した客である事を見抜いていた。そして、

「うちらのお店すごい可愛い子ぞろいですよぉ。ちょっと高いけどいいっすか?」

と誘ってきた。勿論俺は行く事にした。

で、案内された一室だが、中には豪華なベッドがあって、教室の筈なのにまるでホテルの一室みたいな内装だった。

「ちゃーっす。使命あんがとね。今日はいっぱい気持ち良くしてやるからヨロシク」

きたのは南あやかという名前の黒ギャル。ぼいんと突き出たデカパイ。

ムチムチの太ももが目立つセクシーな子だ。見ているだけで勃起してしまいそうになる。

こんなJKと本番セックス出来るのか……既に股間はギンギン。

こんな可愛くて発育の良い身体のJKと俺はもう早くハメたくて仕方なかった。

「舌、出して」といわれるまま舌を突きだすと、彼女は身を乗り出して俺に顏を近づけ、俺の舌に自分の舌を絡め始めた。

濃厚なベロチュー。初対面の俺にこんな甘いラブラブいちゃいちゃプレイをしてくれるなんて思わなかった。

すげえ気持ちいい。

その後、彼女は俺にズボンとパンツを脱ぐように指示。

指示に従い、反り返ったイチモツを見せると彼女は顔を近づけ、おしゃぶりしてくれた!

じゅるじゅると音を立てて口をすぼめたり、竿の裏筋から先端まで舌で舐めたり、色んなテクを披露してくれる彼女。ウマい……場慣れてしているのが分る。

「よいしょ。えへへ、こんなに固くなった悪いおちんちにはおしおきしないとねー」

俺をベッドに寝そべらせ、俺の上に馬乗りになるあやかちゃん。

で、彼女は自分の股間に俺のチンポを擦り付け、前後に腰を動かし始めた!

ショーツ越しだけどもうぬるぬるで、俺はもう我慢汁がとまらなくなっていき…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス