人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

黒ギャル姉貴に性教育!のあらすじ|姉の弱みを握って初エッチ

黒ギャル姉貴に性教育!のストーリーあらすじ。

「あ、それ……母さんの財布」
「あっ?」

ぎろりと僕を睨みつける姉ちゃん。怖い……。

小さい頃から何かある事に僕に手をあげ、僕を馬鹿にしてきた姉ちゃん。

喧嘩は一度も勝った事が無く、大きくなった今もそうだ。黒ギャルになって増々態度がデカくなり、手が付けられない始末。

「今月お小遣いピンチなんだよねー」

僕の胸ぐらをつかみ、

「何?その目。ムカつくんだけど。チクったらぶっ殺すからね」

もう殆ど恐喝なんだよなぁ。

「う、うん。わかってるよ……」

僕は力なくそう答えるしかない。無力だ。

僕にとってこの姉はゲームで言うラスボスみたいなものだ。

倒せない敵。でもいつかは攻略してやりたい。そんな存在。

パシャッ。「翔……!」

気付くと僕たちのやり取りを友達の翔が携帯で撮影していた。

「誰、あんた」
「あ、学のお姉さん。初めまして。俺、学君の友達の翔でーす」
「あ?!」
「よく撮れてるでしょ。ほら。顔も音声も」

翔の携帯にはさっきの僕と姉ちゃんのやり取りがばっちり動画で残っていた。

「さて、どうしようかなー」
「ちょ、翔……!」

動揺する僕。まずい。更にややこしい事になってきた。

「く、か、勝手に撮ってんじゃねー!」
「うお、こえwwwでもいいんですか?この動画、ばらまいても?」
「……っ!」

動揺する姉ちゃん。あの姉ちゃん相手に怯まず、脅しをかける翔。大したもんだ。

「口止め料としてさ。そのおっ○い、揉ませてよ」
「はぁ!?」
「断ったら……わかるよね」

あの姉ちゃんがそんな取引に応じる訳……。

「……わかった」マジで!?

「学、お前さぁ。姉ちゃんには逆らえないって言ってたろ?下剋上のチャンスじゃん」

え!?僕もやるの!?

こうして僕は部屋で翔と姉ちゃんの三人でエッチをする羽目に。

「俺から先で良い?」
「え?あ、うん」

翔は姉ちゃんの背後にまわり、後ろからわしわしと胸を揉み始めた。

「おー、結構でかいねー何カップ?」
「G、Gだよ!!」
「ふーん」

姉ちゃんの制服を脱がしていき、直におっぱいを揉み始める翔。

すげえ……姉ちゃんのおっぱい。あんな形が良いなんて……見ている内に勃起してきてしまう僕。

「さ、次は学だぜ」
「え!?いいよ。僕は……だって姉ちゃんだよ」
「何遠慮してんだよ!ほら!」

翔に無理やり手を掴まれ、おっぱいを揉まされる。

「!?」

初めて触る姉のおっぱい……凄く大きくて柔らかい。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス