人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

黒ギャルビッチがウチに来た!のあらすじ|童貞中年の初体験はヤリマンJk

黒ギャルビッチがウチに来た!のストーリーあらすじ。

夕方、近所のコンビニへ向かっているときのことだ。

「んっ、おっちゃん。ちぃーっす」と俺に挨拶してきた制服姿のギャル。

近所に住む黒ギャルの真美ちゃんだ。

一見遊んでそうな外見の彼女。小麦色のこんがり焼けた肌に、外人さんのようなブロンドヘアー。

でも本音は素直な子で、俺みたいなおっさんにもガンガン話しかけてくる良い子だ。

この子と話していると、人を外見で判断しちゃいけないなって思ってくる。

しかし、俺は不覚にも彼女の雌の匂いにくらっときて、つい股間が反応してしまう。真美ちゃんも良い年頃の少女だ。

胸はぱんぱんに膨れ上がり、制服の上からも目立つほどデカい。

制服の隙間から覗かせる肌も張りがあって、俺は彼女に欲情するのを我慢するだけで何時も精一杯だ。

なのに、「おっちゃん、手持ちあるー?おっちゃんの部屋行こうよー」といきなり誘われ困惑する俺。

顔を赤らめつつも俺にすがり寄ってくる真美ちゃん。

ひょっとしてこれ、援助交際ってやつか?あのオナネタの真美ちゃんが俺の部屋にきて、シてくれる?

夢のような展開。信じられない事だ。

俺は彼女を連れてボロアパートに帰ってくる。彼女は俺の部屋に上り込むと、ベッドに座って語り始めた。

どうやら俺が彼女のおっ○いばかり普段から見ている事に気付いていたらしい。

しかも、こうしてもちかければこういう事になると分かっていたらしい。

「じゃ、手コキで一発抜いてあげるからさー。お小遣いちょうだい。ほら、チンチンも出して」

俺はズボンとパンツを抜いて、チン○を丸出しにする。もう既にギンギンに勃起している。

で、床に寝そべってして貰うって時に、彼女の携帯に電話がかかってきた。

待たされるかな?と思ったら彼女は電話に出ながらも俺のギンギンに勃起したモノを手で握り、上下にシコシコ扱き始めた!

手すら握った事のないJ○が俺の竿を握り、イかせようとしてくれてる……しかも結構ウマい。

リズミカルな調子で扱きつつ、それでいて痛くない。早過ぎない。絶妙なスピードだ。

俺は我慢出来ず、暫くして果てててしまう。彼女の手を白濁液で汚し、荒い息を吐く俺。

すっげえ気持ちいい……これがギャルの手コキ。

金さえ出せば彼女はこれ以上の事もしてくれるって事か……ゴクリ。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス