人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

黒ギャルを彼氏に内緒でハメ旅行につれてったのあらすじ

黒ギャルを彼氏に内緒でハメ旅行につれてったのストーリーあらすじ。

夜、女子高生が一人、ぼうっと町中で暇そうに立ち尽くしていた。

彼氏とご飯でもしようかと思えばバイトの真っ最中だという。

友達も皆予定が入っていて、すっかり暇になってしまったのだ。

そんな黒ギャルの彼女に、

「な、なぁ……えろーすんまへんな、そこのお嬢ちゃん」

声をかけてきたのは関西弁で喋る、馴れ馴れしい中年のおっさん。

にんまりと笑うオヤジに何の警戒心もなく、応える彼女。

「わいと……少しどうやろ?」

オッサンが持ちかけてきた援助交際。交渉の末、彼女はオッサンについていく事に。

それから一週間後。「おぉ、待ってたで」とオヤジの下に再び足を運ぶ彼女。

「相変わらずエロい身体しとるのぉ~。この一週間、嬢ちゃんのためにオナ禁してザーメン溜めに溜めといたで」
「……いいから早く中に入れてよ。誰にも見られたくないんだから」

渋い表情の彼女。けど内心は早くこのオヤジに抱かれたくてウズウズしていた。

そして、

「……いつまでこうしてればいいのよ」
「まあ、待ちいな。嬢ちゃんが来れん間のずりネタ用や」

裸で立たされ、その姿をビデオカメラで撮影されていた。

「それにしてもトンデモない体しおってからに……これが女子高生いうんやから世も末やで」

確かに彼女はJKとは思えない程美しい、いや、ドエロい身体をしていた。デカすぎるおっぱいに、全身が褐色肌をしていて、おマンコは毛一つ無いパイ○ン状態。

男がこの姿を見て勃起しない筈が無かった。

「……この前のホテルの時も気になっとったんやが、アソコがツルツルなのは彼氏の趣味か?」
「……もとからよ」
「はいっ!?もとからって、天然のパイパ○かいな!?」
「わ、悪い!?」

天然パイパンギャルの彼女はこうして今日もオヤジに抱かれる。

だが、

「電話、鳴っとるで」
「ね、ねえ、本当にでなきゃダメ?もうすぐイきそうなんだけど」
「あったりまえやがな。愛しの彼氏くんからのラブコールやろ?でだれや」

彼女は今、ねそべるオヤジの上に跨り、チンポをマンコにぶっさされている真っ最中。

「なんならここでやめたってもええで?」
「……わかったわよ」

やむなく彼氏からの電話に出て、受け応えをする彼女。家にいると嘘を吐き。

オヤジはそんな彼女に意地悪するかのように腰の動きを早めていき…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス