人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

地方から出てきたヤリマンJK佳苗のあらすじ|アイドルJKが援助交際で活動費を稼ぐ

地方から出てきたヤリマンJK佳苗のストーリーあらすじ。

美しい…俺の目の前に制服姿で明るく、朗らかな笑いを浮かべる美少女、佳苗。

彼女とは携帯サイトで知り合ったのだが、実はアイドルだったりする。

まあアイドルと言っても彼女の場合、テレビ度かに出る様な有名どころではなく、地下アイドルの部類だ。

とはいえグラビア写真集を出したり、数多く活動をこなす彼女。

一見すれば華やかに見えるが、その反面、交通費や衣装代など、諸経費は全部彼女持ち。事務所は一切出してくれないという…。

常に金に困っている彼女。

「売れないアイドルなんて、費用自腹は当たり前だよ」

彼女は当たり前といわんばかりに呟くが、俺はそんな彼女が不憫でならなかった。

「だからみんなこういう事、してるの」

そう、最初は同情していた。けど、分った事がある。この子…エッチが好きなど変態な女の子だったのだ!

「(初めて会った人なのに…ホテルまで着ちゃった。今からどんなことされちゃうんだろう…)」

俺は今、制服を着たグラドルJKとホテルの一室に来ている。これから彼女とヤれるかと思うともう股間はビンビンだ。

地方からアイドルを夢見て出て来たという彼女。こんな形でいいのだろうか?まあいいよね!

「んっ♡」

ぶちゅーっと俺は彼女にキスをする。そして舌を強引に捻じ込み、絡めていく。

すげえ。JKの舌、柔らかい…俺は夢中になって貪った。

そして彼女にシャツをたくし上げて貰う。

「こ、こう?」
「!?」

露わになったデカパイ。乳首はとても綺麗なピンク色をしていて、凄くおいしそうだ。

俺はじーっと色んな角度から眺めてみる。ああ、美しい…。

「(今から私、ぐちゃぐちゃにされちゃうのかなぁ。いやらしいこと、沢山されちゃうのかな?)」

俺は我慢出来なくなり、おっ○いを揉みつつ、先っぽに舌を這わせてみる。びくびくっと震える彼女。

顔は真っ赤で可愛い。そしてうまい。勿論味なんてしないが、JKのおっぱいがこんなに美味しいとは思わなかった。

俺はそのまま舐めたり、吸ったり愛撫を繰り返した。時間も忘れて赤ん坊の様に吸いまくり、もう…。

「本当はいけない事なんだよ。こんな若い娘のおっぱい、こんなやらしくイジって…」

窘める様に呟く彼女。

「でもまだセーフかなぁ。おっぱいだけだもんねぇ」

これから先もするけどね!そして俺はズボンとパンツを脱ぎ、ギンギンになったチンポを露出させる。

そして彼女の胸に…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス